「SEネタ(特に社内SE)」 一覧

SEネタ(特に社内SE) 情報処理技術者試験

【フリーランスエンジニア目指す?】プログラマ業は参入障壁が低いからこそ、国家資格や自ソース公開によって、実力アピールが大切だという考え方

2019/05/02  

こんにちは、げんごにあです。 巷では、フリーランスとして自立することを目標に、プログラミング学習へ取り組むことがブームになっているようです。 よくよく考えてみると、プログラマ業って、胡散臭い商売です。 自称であれば、誰でもその日からなれる「 ...

ITエンジニア志望の大学生へ ITエンジニア志望の高校生へ SEネタ(特に社内SE)

【知ってる人は投資中】JavaScriptって地味だけど、現在史上けっこう最強なのかも知れない説。プログラミング学習の候補としても費用対効果バツグン◎

2019/03/27  

こんにちは、げんごにあです。 「Javaのスキルさえ身につけておけば、一生、食うには困らないだろう」 あまり根拠のない確信をして、学生時代はJavaを一生懸命に勉強した筆者ですが、社会に出て十年経ってみれば、Javaは右肩下がりでもはや業界 ...

SEネタ(特に社内SE)

【いわゆる神エクセル?】システム開発の設計書を、エクセルで作ってしまう日本の悪習。設計書は、スリム構成、マークダウンで作るべき

2019/03/24  

こんにちは、げんごにあです。 システム開発の際、ビジネスパートナー(SIerなどの外注先)との意思疎通に用いられる設計書。 筆者の周辺だけの傾向なのかも知れませんが、本来、表計算ソフトであるはずのエクセルを使って、設計書を作るという文化がで ...

SEネタ(特に社内SE) 情報処理技術者試験

IT系国家資格を取得することに意味はある。上流工程信仰の根強い日本社会の仕組みを逆手にとるという意味で、理に適っているという話

2019/03/21  

こんにちは、げんごにあです。 SE業界には政府・民間あわせると、有名なものだけでも数十個という資格が存在し、読者の中にも、これまでいくつか受験された経験をお持ちの方も含まれていると思います。 そして、永遠に繰り返されるのが、この議論。 「資 ...

SEネタ(特に社内SE)

【参入者大杉ワロタ】フリーランスエンジニアを目指してプログラミング学習をするなら、付加価値アイデアがなければ火傷するという話

2019/03/19  

こんにちは、げんごにあです。 筆者は社内SEとして十年以上、会社員をしていますが、最近気になる動向があります。 フリーランスエンジニアとして自立することを目的に、Web開発についてのプログラミング学習が流行するというものです。 筆者自身、い ...

ITエンジニア志望の大学生へ ITエンジニア志望の高校生へ SEネタ(特に社内SE)

今はやりのフリーランスエンジニア、プログラミング学習。メリットだけでなく、デメリットも? たとえ社会不適合者でも、新卒時は普通に就職しておくのが勝ちパターンという話

2019/03/16  

こんにちは、げんごにあです。 インターネットのおかげで、世界のどこにいてもフリーランスのITエンジニアとして、仕事を受注できるという、少し前なら考えられなかったような選択肢が登場している時代です。 会社員を十年以上続けている筆者としても、こ ...

SEネタ(特に社内SE)

【過少評価されやすい?】情シス部門が、社内カーストの最下位になってしまうという構造

2019/03/15  

こんにちは、げんごにあです。 こんなものあるかどうか分かりませんが、筆者の勤務先では、部署ごとの力学関係が露骨にあり、社内カーストなるものを定義できるのではないかと思います。 あまり具体的には書けませんが(笑)、会社に利益をもたらす部署ほど ...

SEネタ(特に社内SE) オフショア開発

情報システム部門で、組織内の技術力を「見える化」するために、オリジナルの技能検定試験を立ち上げた話

2019/03/15  

こんにちは、げんごにあです。 情報システムの開発においては、技術力って、大切なスキルですよね。 人材教育の大切は熱心に説かれることが多いのに、社員を講習会に派遣させたっきり、満足してしまう組織が少なくありません。 また、社外の講習会でレクチ ...

SEネタ(特に社内SE)

フリーランスの方が高給かも知れないけれど、大企業で社内SEをやっていて良かったと感じる瞬間

2019/03/12  

こんにちは、げんごにあです。 情シスだけで数百人という規模の会社(世間でいう大企業)で働いている筆者ですが、隣の芝生は青く見え、フリーランスという働き方に憧れることがあります。 案件を自分で選べるので、ある意味、仕事を見つけるのが上手ければ ...

SEネタ(特に社内SE) 情報処理技術者試験

情報処理技術者試験の資格を活用して、うまく大企業の社内SEポジションに収まって、基本温泉のユル系職場環境にドップリ浸かるというキャリア志向も健全だと思う。それを実現するために考えたいこと

2019/03/10  

こんにちは、げんごにあです。 情報処理技術者試験の資格取得後について、一番わかりやすい恩恵は、金銭的なリターンとして手元に入ってくる、報奨金や諸手当だと思います。 高度区分の資格となれば、けっこうな金額をゲットできる企業も珍しくありませんが ...

SEネタ(特に社内SE)

システム開発現場で一番エラいのは、システムアーキテクトだと思う。システムアーキテクトの冷遇が、日本をIT後進国に陥れているというメカニズム

2019/03/08  

こんにちは、げんごにあです。 いつもはITストラテジストやシステム監査技術者の試験対策についてお話しすることが多い本ブログとしては珍しく、今日は、システムアーキテクトにスポットライトを当てようと思います。 システムアーキテクトとは、システム ...

SEネタ(特に社内SE)

ITストラテジスト取得後、社会人MBAに挑戦するのって、かなり得るものが多いと思う

2019/03/08  

こんにちは、げんごにあです。 数年前にITストラテジストを取得した筆者。 三十半ばを過ぎ、職場でもマネジメント側の業務を担当することが増えてきたことに伴い、いっそう高い視点で組織運営に携わるスキルの必要性をひしひしと感じています。 基本は、 ...

ITエンジニアと英語 SEネタ(特に社内SE) 情報処理技術者試験

ITエンジニアの勉強モチベーションって、ぶっちゃけ、継続につながるなら、なんでもいい。もっと言えば、モチベーションだけで、なんでも片付く訳でもないという話

2019/02/24  

こんにちは、げんごにあです。 ITエンジニアって、やることがめちゃくちゃ多くないですか? かくいう筆者も、年齢を重ねるにつれ「手を動かしていればいい」という逃げ方ができなくなるのを感じています。 新人の教育であったり、推進中プロジェクトの進 ...

SEネタ(特に社内SE) オフショア開発

「下流工程は付加価値が低いから、外注すればいい」という危険な発想は、情報システム部門の組織を滅ぼす

2019/02/23  

こんにちは、げんごにあです。 ITエンジニアの現場でよく言われるのが、「下流工程は付加価値が低い」ということ。 ここで下流工程とは、製造工程(プログラミング、単体テスト)を指します。 本当に、そうなのでしょうか? たしかに、システムの方向性 ...

SEネタ(特に社内SE)

社内SEとして十年目の筆者が、将来的にフリーランスのITエンジニアとして独立するため、最近始めた勉強

2019/02/02  

こんにちは、げんごにあです。 雇われITエンジニア(会社員)として過ごしていると、「いつかは」と夢見るフリーランスの道。 先行きの不透明な時代だからこそ、会社員としての職を失っても、一人で食べていけるだけの準備は欠かせずに取り組みたいもので ...

Copyright© げんごにあ(ゲンゴするエンジニア) , 2019 All Rights Reserved.