SEネタ(特に社内SE) オフショア開発

「下流工程は付加価値が低いから、外注すればいい」という危険な発想は、情報システム部門の組織を滅ぼす

投稿日:2019年2月23日 更新日:

こんにちは、げんごにあです。

ITエンジニアの現場でよく言われるのが、「下流工程は付加価値が低い」ということ。

ここで下流工程とは、製造工程(プログラミング、単体テスト)を指します。

本当に、そうなのでしょうか?

たしかに、システムの方向性を決定するのは上流工程(要件定義、基本設計、詳細設計)ですが、(実際に手を動かしてシステムを作り上げる)下流工程は、システムの「使い勝手」の良しあしを決める上で、決して無視できない影響力を持つ業務です。

下流工程を知らないITエンジニアには、上流工程を担当できるはずがない

どれだけ、ユーザからの要望をまとめるスキルに長けていても、下流工程の経験を持たないITエンジニアは、上流工程をやるべきではないと思います。

例えば、コーディング経験がなければ、以下のような業務を遂行することは、難しくなるでしょう。

  • プログラマがスムーズに理解できる設計書を作成すること
  • システム開発工数の見積りを高精度で実施すること
  • ユーザ要求に、技術的な無理難題が含まれているのに気づくこと

理論的にはパーフェクトだと思える要件定義・設計であっても、ハードウェアやソフトウェア、ネットワークの制約をろくに考慮しないままだと「机上の空論」に陥りかねません。

下流工程のスキルは、上流工程担当者にとっても必須であるといえ、決して「付加価値が低い」と言えるものではありません。

下流工程の外注によって、l開発ノウハウが自社組織から喪失される問題

下流工程(プログラミング、単体テスト)で、外注を活用するという動きは、一般的にみられるものですし、外注活用そのものには「善」も「悪」もありません。

ただし、下流工程の外部依存が長期化すれば、その影響は重く受け止めるべきです。

技術的なスキル・ノウハウが自社から失われていき、以下のような課題が新たに浮上するでしょう。

  • 納品されたプログラムソースを読むことができず、十分な精度で検品できない
  • 開発経験が失われるため、外注から提出される見積り工数が適切かどうか判断できない
  • 世間のIT技術トレンドから、取り残されていくことになりやすい

外注先の企業に、高い技術力と、徹底したコスト感覚が備わっていればよいのですが、どちらかが欠けてしまうと、QCDが大きく損なわれるリスクは目に見えています。

最悪の場合として、外注先の企業が倒産するようなことがあれば、目も当てられないような大混乱が引きおこることは必至。

情報システム部門として、過度の外注依存は、自組織の首を絞めることにもなりかねません。

下流工程を社外移管することによる、自社ITエンジニアの士気低下

ITエンジニアの中には、「技術者」としてのプライドが高く、技術を極めていくことに仕事人生の「やりがい」を感じている人材も少なくありません(かくいう筆者もそうです)。

下流工程を社外移管してしまうと、ITエンジニアとして、技術を磨くチャンスが損なわれ、自社で働くITエンジニアの士気を低下させることにもつながります。

優秀な人材を失うことは、企業にとっても、大きな損害です。

たとえ下流工程で社外リソースを活用することがあっても、コアとなる技術は社内で保有することを重視すべきですし、そうすることによって、社内で働くITエンジニアのモチベーション維持にもなります

-SEネタ(特に社内SE), オフショア開発

Copyright© げんごにあ(ゲンゴするエンジニア) , 2019 All Rights Reserved.