SEネタ(特に社内SE)

フリーランスの方が高給かも知れないけれど、大企業で社内SEをやっていて良かったと感じる瞬間

投稿日:

こんにちは、げんごにあです。

情シスだけで数百人という規模の会社(世間でいう大企業)で働いている筆者ですが、隣の芝生は青く見え、フリーランスという働き方に憧れることがあります。

案件を自分で選べるので、ある意味、仕事を見つけるのが上手ければ、やりたいことだけやって飯を食っていける最強の生き方にも思えます。

実際にはそんなに甘くないのかも知れませんが、フリーランスへ転身した方のブログを読んでいると、自由度が得られたことをメリットとして上げる方は、少なくありません。

いつかはフリーランスとして独立することを夢見ながら、自分の中で折り合いをつけ、ほそぼそ社内SEをやっている筆者が、胸の内を明かしてみます。

超ざっくり書くと、「そうは言っても、やはり大企業の社内SEは魅力的」という観点で掘り下げていく記事です。

大企業社内SEの捨てがたい魅力:ロールモデルにできる、優秀な人材がいる

一般に、社内SEとして言われることには、以下のようなことがあります。

■世間で社内SEについて、よく言われがちなこと

  • 外注に頼ることが多いため、技術スキルを高めるチャンスに乏しい
  • 社内ユーザを相手にするため納期調整がしやすく、タイムマネジメント能力が鍛えられづらい

実際、そのような側面もあると思いますし、間違った指摘ではないように思います。

ただ、有名大学出身者が集まる大企業では、情シス部門に入ってくる人材も、それなりに地アタマが良く、中途採用者なら、けっこうなキャリアの持ち主が入ってきます。

社内SEという就労環境において、スキルが伸びづらい環境という指摘は正しいのですが、優れた人材が周囲に多数いるため、他人から学び取る謙虚な姿勢があれば、いくらでもスキルを高めることは可能です。

社外コンサルタントとして仕事を依頼したら、一時間どれだけ請求されるか分からないようなプロフェッショナル人材に、いつでも意見を聞いたり、アドバイスを乞える環境にいるのは、大きなアドバンテージだと感じます。

大企業社内SEの捨てがたい魅力:会社の金で失敗しながら、スキルを高められる

フリーランスとしてやっている限り、きちんとアウトプットを出さなければ、報酬を受け取ることはできません

その面、会社員という身分は、アウトプットの質にかかわらず、毎月一定の給与がいただける、考えようによっては非常にありがたい環境と言えます。

特に、大企業社内SEであれば、大小さまざまな規模のプロジェクトが社内に転がっているため、自分がやりたいことを試したり、身につきたいスキルを獲得できるような業務を、ある程度、自分で選ぶこともできるようになります。

新しいことに無料でトライできるどころか、成功しようと失敗しようと、給与は支給してもらえる ── このように考えると、最強の学習環境であるとも言えます。

大企業社内SEの捨てがたい魅力:大企業年収モデルに基づいた給与

ITエンジニアとしてシステム開発会社へ入社すると、年収モデルとしては、SE業界準拠になることは避けられません。

その面、大企業社内SEであれば、大企業年収モデルに基づいた給与を受け取れるため、収入面はもちろんのこと、福利厚生面でも、かなり充実します。

情シス部門は、いわゆる間接部門ですが、会社の利益をダイレクトに生み出す業務部門と同等の給与体系であるため、社内SEだからといって、年収面で損をすることはありません。

自動車業界など、年収水準の高い会社で勤務することによって、SE業界とは比べ物にならないほど、高額な給与を得ている人も少なくありません。

フリーランス志向の強い若者は、この温泉に浸かったらダメだと思う

若い人には、フリーランスのITエンジニアとして独立し、プライベートを大切にできるライフ設計を念頭に入れている方もいらっしゃると思います。

大企業社内SEは、一度その環境に浸かってしまうと、なかなか転職をしようという気持ちになりづらいです。

フリーランス志向がきわめて明確である場合、大企業社内SEは経験しない方が良さそうです。

-SEネタ(特に社内SE)

Copyright© げんごにあ(ゲンゴするエンジニア) , 2019 All Rights Reserved.