SEネタ(特に社内SE) 情報処理技術者試験

情報処理技術者試験の資格を活用して、うまく大企業の社内SEポジションに収まって、基本温泉のユル系職場環境にドップリ浸かるというキャリア志向も健全だと思う。それを実現するために考えたいこと

投稿日:2019年3月10日 更新日:

こんにちは、げんごにあです。

情報処理技術者試験の資格取得後について、一番わかりやすい恩恵は、金銭的なリターンとして手元に入ってくる、報奨金や諸手当だと思います。

高度区分の資格となれば、けっこうな金額をゲットできる企業も珍しくありませんが、ここで満足してはもったいないので、(金銭面での恩恵をゲットした後)キャリア変更に活用できないか、検討しようというのが本記事の趣旨です。

具体的には、転職先として今人気の大企業社内SEを目指すという場面設定を考えてみましょう。

社内SEになるため、保有資格をどう活用するのが良いでしょうか?

求人条件でマッチする企業がないか、探してみる

求人によっては、ITストラテジストやプロジェクトマネージャの保有者を歓迎するという書き方の企業もあります。

資格を保有していることが、必ずしも採用に直結するとは限りませんが、資格取得に向けて身につけた知識が、新しい職場で期待されているスキルセットだというメッセージ性が込められているため、求人側と求職側のマッチング度合いが高まる可能性はグーンと増えます。

そして、何より重要なのは、求人情報で情報処理技術者試験について触れるということは、その企業が情報処理技術者試験の価値を認めているということは、ある程度、人材育成にも理解ある会社だということは推測できます。

ベンダー系の資格を求める企業は、即戦力を求めていることが多いのに対し、国家試験である情報処理技術者試験に着目する企業は、人材育成をより中長期的な視点で捉えていることの裏付けとも考えられるためです。

念のため、福利厚生内容を確認し、人材育成にどれくらい力を入れている会社であるかは、念入りにチェックしたいところです。

上流工程の実務経験不足をカバーできるように、資格取得で得た知識セットを生かす

社内SEの多くは、上流工程のスキルセットが求められます。

大企業になると、けっこう社内開発もゴリゴリするようなケースもありますが、いわば高給取りの自社員の工数を使うことは理にかなっておらず、たとえ現在は社内開発をしていても、将来的には外注に回す動きが起きることは、十分に考えられます。

具体的には、ベンダー管理であったり、プロジェクト予算管理であったり、システム要件定義的なエリアだったりします。

現在の勤務先で、こういった上流工程領域の業務経験を積むことが難しいようであれば、情報処理技術者試験の高度区分カリキュラムを活用して、まずは知識セットを身につけ、その上で、実務として経験を積めるような環境探しをする、ポップ・ステップ・ジャンプ方式をとることが現実的でしょう。

もっと具体的に書くと、上司に対して、上流工程を任せてもらえるためのアピールであったり、それが難しようであれば、社内SEの求人は応募する前に、(上流工程の実務経験をゲットすることを狙って)踏み台となるような転職先を見つけることであったりします。

情報処理技術者試験の資格を取得後、何か新しいチャンスを待っているだけでは、なかなか得られるものはありませんが、自分からチャンスを探すための「踏み台」がわりにすることで、キャリア開拓の可能性を広めるというのが、正しい資格活用方法だと思います。

世間で求められているスキルセットの「相場」感を養うための材料として、情報処理技術者試験の資格を活用する

ITストラテジストやプロジェクトマネージャの資格を取得しても、それらの業務領域で成果を出せるという証明にはなりません。

しかし、ITストラテジストやプロジェクトマネージャという業務で、世間一般的に、どれくらいのスキルセットが求められているかを仮想体験することは十分に可能です。

このことを活用し、情報処理技術者試験の資格を保有している自分でも分からないことは、知っていなくても、別に恥ずかしくないという判断基準を持てることは大変重要です。

知らなかったことを、調べて身につける努力は当然しなければなりませんが、知らなくても恥ずかしくないことの「相場感」を持てることは、ITエンジニアとしての自信にもつながり、転職活動でも尻込みをすることは少なくなります。

心理的にもゆとりを持って転職活動を続けられるようになるため、良い結果が出る可能性はグーンと高まるでしょう。

-SEネタ(特に社内SE), 情報処理技術者試験

Copyright© げんごにあ(ゲンゴするエンジニア) , 2019 All Rights Reserved.