オフショア開発

【オフショア開発あるある】いつまで経っても、大変なオフショア開発。できればもう二度と発注したくないけど、会社方針で、オフショア開発の活用をやめられない現実

投稿日:

こんにちは、げんごにあです。

東南アジアのソフトウエア開発子会社を活用しながら、社内情報システムの開発を進めています。

いわゆるオフショア開発というやつですが、筆者は、日本側におけるブリッジSE的なポジションを担当して十年ほどになります。

この十年間、押してダメなら引いてみるという発想をベースに、ずいぶん、色々なアプローチを試してきました。

少しずつプロセスは改善されていますが、ホンネを言うと「できれば、もう二度と発注したくない」と思うことが少なくありません。

筆者の面しているオフショア開発上の問題は、おそらく世間一般的にも「あるある」だと思うので、本記事で情報共有したいと思います。

頼りになる担当者が、次から次へと辞めていく

「いい人ほど、辞めていく」

サラリーマンとしてもよく耳にする言葉ですが、舞台海外になっても同じことを感じます。

海外のITエンジニアは、スキルが高くなり、今の職場でこれ以上得るものがないと感じてしまうと、あっさり転職してしまいます。

年収を二倍にしても、日本水準からするとまだまだ安いのですが、特定スタッフのために、そう簡単に発注単価を調整することできず、離職問題の目処は立たないままです。

言ったことしかやってくれないのに、言ったことでもやってくれない

行間を読むスキルは、日本固有の「国技」と思った方がいい ── 海外を相手に仕事をするほど、そう痛感します。

海外のITエンジニアに開発委託するシステムは、自分が一人で開発もやってしまっ方が早いと思うほど、ガッツリと設計書を作り込む必要が出ます。

なぜなら、「書かれていないことは、やる義務がない」というスタンスが、世界規模で見ればスタンダードに近いからです。

書かれていないことはやってくれませんし、ひどい場合、書いていても、やってくれないケースも珍しくありません

それでも、書いていたのにやってくれなかった場合、クレームを言う権利が発生するため、相手がやってくれようとやってくれまいと、明記しておくことは重要です。

勝手にマイスタイルを持ち込まれる

海外にシステム開発を発注した場合、納品されたソースの中身は、一行一行とまで言わなくとも、かなり目を光らせる必要があります。

外見上は、問題なく動作していると思っても、驚くような地雷が多数、潜んでいることは、珍しくありません。

最近あった地雷としては、「開始年度」入力欄のデフォルト値を今年にするという仕様がありました。

納品されたシステム画面を立ち上げると、たしかに、「開始年度」入力欄に、2019と表示されていて、問題なさそう。

さりげなくコードを見てみたら、なんと、プログラム上に”2019”とハードコードされているため、翌年(2020年)になるまで、錯覚しないバグという、恐ろしい地雷。

急いでシステム改修を指示するとともに、なぜこのようなことをしたか問うてみると「これでもうまく動くから、問題ないと思った」という回答。

果てし無く繰り広げられる消耗戦

本記事では書ききれないほど数多くの、「ありえない」を体験してきた筆者。

おそらく、海外プロジェクトで驚いた話を本にしたら、文庫本一冊を書けるくらいのボリュームにはなりそうです。

機会があれば、これから少しずつ、ブログのネタにしようと思いますが 笑笑。

-オフショア開発

Copyright© げんごにあ(ゲンゴするエンジニア) , 2019 All Rights Reserved.