ITエンジニアと英語

CSSの略語にも使われている英単語 'cascade' の意味、本当に知ってる?

投稿日:2019年1月8日 更新日:

はじめに:略語は、背景の概念もセットで、理解しておきたい

こんにちは、げんごにあです。

新しいものがアメリカで日夜生み出されるソフトウェア業界。

技術は日進月歩で発達するため、油断していれば、知らぬ間に、新しい用語(略語)がポンポン誕生するスピード感があります。

略語の意味をおさえておくと、背景にある概念や、他の用語とのつながりを理解しやすくなり、ITエンジニアとしての成長にもつながります

今日はCSS (Cascading Style Sheets) の略語にも出てくる、'cascade' にスポットライトを当ててみましょう。

'cascade' の意味は?

早速ですが、'cascade' の意味は何でしょうか。

一番手っ取り早いのは、Google画像検索を見ることです。

'cascade' をGoogle画像検索

'cascade' をGoogle画像検索

滝の写真が大量にヒットしました。

しかも、次から次へと連続するような、浅く、広がりを持つ滝。

滝の写真と、CSSの間に、どんな関係があるというのでしょう。

英英辞典の説明は、以下の通り。

'cascade' を英英辞典でチェック

'cascade' を英英辞典でチェック

英和辞典の説明は、以下の通り。

'cascade' を英和辞典でチェック

'cascade' を英和辞典でチェック

ズバリ、連続する滝、ということです。

上流にて発生した情報が、下流へ広がっていくように伝播するイメージを、頭の中で浮かんだらオッケーです。

CSSで定義されたスタイル情報が、それを読み込んだhtmlファイルへ伝播するように、適用されていくイメージ。

まさに、「滝」の写真がシックリ来ませんでしたか?

(オマケ)ビジネス現場では、こんな意味でも使われる

ここで終わってしまっては、ITエンジニアとしての成長がストップしますので、もう少し、ビジネス現場における、他の用法も知っておきましょう。

英英辞典には、このような説明もありました。

'cascade' の別の意味を英英辞典でチェック

'cascade' の別の意味を英英辞典でチェック

筆者は、海外(英語公用語圏)のソフトウェア会社にて働いたこともありますが、'cascade meeting' という使われ方を、頻繁に聞きました。

ミーティングにもいろんな種類がありますが、会社のマネジメント層における決定事項を、現場スタッフへ情報伝達するような会議のことが、'cascade meeting' と呼ばれていました。

上流で生み出された情報が、下流へと伝播するイメージでは、CSSも、会議も、共通していますよね。

まとめ:「上から下へ何かが伝播する」イメージを持っておきたい

以上、'cascade' という単語について、理解を深めるための記事として、まとめてみました。

これから 'cascade' という単語を見かけたら、上流から下流へ何かが伝播していくイメージが、頭の中で瞬時に浮かぶよう、常識として身につけておきましょう。

今後も、英単語ネタは、ちらほら取り上げていきたいと思います。

-ITエンジニアと英語

Copyright© げんごにあ(ゲンゴするエンジニア) , 2019 All Rights Reserved.