ITエンジニアと英語

【IT用語解説】英単語 'populate' が持つ、意外と知られていないコンピュータ用語としての意味とは?

投稿日:2018年10月20日 更新日:

はじめに:知っているようで知らない英単語 'populate'

こんにちは、げんごにあです。

かなりイマサラ感はありますが、GitHubでアカウントを作りました。

世界中のプログラマが書くコードに学びながら、自分の能力も高めたいなぁ、って考えて。

アカウント作成後のGitHub画面に'populate' という英単語が出てきたのですが、知っているようで知らない人も多いのではないでしょうか。

本記事では、IT業界のエンジニアであれば是非とも知っておきたい 'populate' の意味について、情報発信します。

是非とも知っておきたい 'populate' の意味を詳細レポート

「人口」を意味する 'population' と【語源的には同類項】である 'populate' には、「人が集まる」というイメージがありそうです。

実際その通りなのですが、より正確を期すため、辞典に頼ってみることとしましょう。

英和辞典と英英辞典で調べてみる

オンラインの英和辞典で引いてみました。

「移住させる」という意味です。

英和辞典をチェック

英和辞典をチェック

意外とレベルの高い語彙であり、この単語の意味を知っていた方は、自分で自分を褒めて構わないかと思います。

念のため、英英辞典も、調べてみましょう。

英英辞典もチェック

英英辞典もチェック

"Cause people to settle in (a place)." という定義は、ほぼ、英和辞典の意味そのままですね。

例文を見てみましょう。

その人里離れた列島には、刑務所からの釈放という条件のもと、まずはポルトガルの囚人たちが移住させられた
"The islands were first settled in part by Portuguese prisoners sent to populate the remote archipelago as a condition of their release."

これが派生して、コンピュータ用語として使われるようになると、面白い意味を持つようになります。

以下で、具体的に見てみましょう。

IT用語 'populate' のイメージは?

先ほど、和英辞典と英英辞典を比較しましたが、実は、一つ違いがあったことに気づきましたか?

違いは、"1.3 Computing Fill in (data)." と、コンピュータ用語としての意味が掲載されている点です。

コンピュータ用語としての意味も記載されていた

コンピュータ用語としての意味も記載されていた

さすがは英英辞典の権威、オクスフォードだけあります。

コンピュータ用語として用いられたときの例文を、いくつか見ましょう。

もう少し話を面白くするため、(作成したばかりで空っぽの)テーブルに値を放り込んでみましょう。
"In order to make things a bit more interesting, let's populate our table with some values."
Bierceは言った。ソフトウエア開発は簡単さ ——— データベースへデータを放り込み始めるまでは、データ保護についての問題を抱えることはないからね。
‘‘Software development is easy - you don't have data protection problems until you start populating a database,’ Bierce says.’

イメージとしては、何もなかったスペースに、データがどんどん埋まっていく感じです。

以下のようなケースに、'populate' を使うと、しっくり来ます。

■ 'populate' を「コンピュータ用語」として使うニュアンスとは?

  • テーブルに、データを次々と放り込んでいく ------ もともと空っぽ状態のテーブルが、カラム(Column)、ロウ(Row)の両方向へデータが次々と入れられて行くシーンを想像してください。
  • HTML画面表示前に、ドロップダウンへ必要なレコードを放り込んでいく ------ 空っぽ状態のドロップダウンへ、次々と「オプション」が追加されて行くシーンが頭に浮かぶでしょうか?

ここは筆者の個人的な英語感覚になるのですが、すでにデータがたくさん入っているところへ、データを付け足すというニュアンスでは、'populate' は使わないと思います。少なくとも、そういう文献と出会ったことは、ほとんどありません。

あくまでも、ガラガラの状態にある入れ物(テーブル、ドロップダウンなど)が、どんどんデータで満たされていくシチュエーションに、'populate' はシックリ来ると思います。

実際に「コンピュータ用語」として使われるときのイメージ

【はじめに】でも触れましたが、GirHubでアカウント作成後に表示される画面にも、この 'populate' が使われていました。

以下の下線部です。

GitHubのアカウント作成後に出てくる画面

GitHubのアカウント作成後に出てくる画面

本記事をここまで読んできた方には易しいかも知れませんが、日本語に訳すことはできますか?

あなたのニュースフィードを、お気に入りのプロジェクトや開発者の情報で一杯に満たしましょう。

あるいは……

お気に入りのプロジェクトや開発者を見つけて、あなたのニュースフィードで表示されるようにしましょう。

といったところでしょうか。

まとめ:実はそんなに高度な語彙ではない、知っててアタリマエの単語?

さきほどは、かなり高度な語彙だと書きましたが、実は、場合によります

TOEICスコアで800点前後の方であっても、'populate' の意味をご存知でなかった方は多いと思います。

ところがIT現場では、英語を母国語としない外人SEであっても、'populate' の意味を知っており、開発現場でフル活用していることも珍しくはないでしょう。

もし、外人SEと交流をする機会があれば、ぜひ 'populate' を使ってみてください。

相手の英語力をはかることもできるので、楽しいですよ。

-ITエンジニアと英語

Copyright© げんごにあ(ゲンゴするエンジニア) , 2019 All Rights Reserved.